プロフィール

sonepii

Author:sonepii
「にじの子」は保育経験者と保護者有志で運営されています。子どもの体と感覚がい大いに育まれるこの時期、子どもたちが健やかに育つことができるよう、”リズム”や”季節”を大切に考えています。シュタイナー教育や自然育児について、共に学びながら、進んでいきたいと考えています。目の前にいる子どものこと、私たちの現在できることを見つめながら・・・

札幌市中央区南5条西18丁目2-8
問合せ先:
k5u5-7027@i.softbank.jp
090-2059-4394
竹田
(保育補助中は対応不可です。また、連絡の時間帯にはご配慮戴けますと嬉しいです)

*園児随時募集中*

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

おとなのためのシュタイナー教育体験

おとなのためのシュタイナー教育
シュタイナー教育を駆け巡る!!2DAYS!!

日 時  2013年2月23日(土)
      ① 9:30~11:30 2年生の授業から「九九」(算数)
      ②13:00~14:45 4年生の授業から「三つのことば」(国語)

      ③15:00~16:45 6年生の授業から「色彩学」(理科)
      24日(日) 
      ④ 9:30~11:30 7・8年生の授業から「比」(数学)
      ⑤13:00~15:00 10年生の授業から「古代史」(社会)
                    授業内容は変更する場合もありますので、ご了承ください。
会 場  札幌エルプラザ 3階 音楽スタジオ
参加費  一     般 1講座2500円 2DAYS通し10000円
にじの会会員  1講座2000円 2DAYS通し 8000円


〜小学生から高校生までの授業体験を通して~
シュタイナー教育…。とっても興味があるけど、ちょっと分かりにくいな。全体が見えない。一体、どんな事をするの?そして、それはどうして?
そうお考えのみなさまに、朗報です!
とても美しい授業をすることで定評のある柳澤玲一郎先生と、2日間でシュタイナー教育を駆け巡ってみたいと思います。
体が育ち、心が育まれ、意志をもった大人になるプロセスを、シュタイナー教育の観点からみてゆきながら、
その時々に、大人は子どもに何を与えれば良いのか、どのように理解し、寄り添うことができるのかも考察できるでしょう。
それになにより、柳澤先生の授業を受けながら、からだやこころが喜ぶ自分がいる事を認識します。
2日間で、全体の学びを終えたあとには、私たちの何かが変わっていることでしょう。


もちろん、全部の講座に出席できない方もご受講いただけます。

**講師から**
シュタイナー教育の全ての教科に共通して流れているものを感じていただければ、と思い
学年を追いつつ、さまざまな教科の授業の一端に触れていただけるよう考えてみました。

タイトルは「駆け巡る」ですが、ゆったりと息をしていただけますように。

講師:柳澤玲一郎
サクラメントのルドルフ・シュタイナー・カレッジ教員養成講座修了。
東京シュタイナーシューレでクラス担任7~9年生、あしたの国シュタイナー学園クラス担任1~5年生を経て、
現在、学校法人シュタイナー学園中等部・高等部講師、東京賢治の学校高等部講師、千葉での土曜クラスで活動中。
日本アントロポゾフィー協会シュタイナー教員養成講座講師。



お子様を連れてのご参加はできません。託児が必要な方は、準備の都合がございますのでお早めにお申し出ください。(有料)

<お問合せ・お申込み>
にじの会  竹田   TEL・FAX 011‐590‐1541 rsb09094アットマークnifty.com   
       藤田   TELX   0126‐26‐5394 yukatan7アットマークi.softbank.jp
不在がちにしております。お問合せは、留守番電話、FAX、MAILで連絡先をお知らせ下さい。おってご連絡いたします。

スポンサーサイト

コメント

こんにちは、ご無沙汰しています。

もし、申し込みができるようなら、お願いしたいです。

お久し振りです。

2日間のお申込みでよろしいですか?
もし何かありましたら、メールまでお願いします。
携帯のメルアドも変わりません。

本当にありがとうございました。これからも少しずつ、お返ししつつ、シュタイナーの世界にふれ、体験していきたい。素敵な時間をありがとうございました。(^_^)

Re: タイトルなし

2日間のご参加ありがとうございました。
本当に美しい授業でしたね。
美味しい手作りのクッキーもありがとうございました。



非公開コメント