2015-07-02 10:04 | カテゴリ:未分類
シュタイナー教育の背後にあるもの
~季節を祝い、畏敬の念を育てる~

シュタイナー教育を実践する事は、
季節を祝うこと、
畏敬の念を育てること
を重要なことと捉え、それが子どもにとって善きものになるよう
大切に準備されます。
その背後には、何が隠されているのでしょうか。
キリスト者共同体の小林司祭のお話で、その背後にあるものを感じてみましょう。

と き : 7月13日(月)  10:00~11:45
ところ : 社会福祉総合センター 第3会議室
      (中央区大通り西19丁目1‐1;地下鉄東西線西18丁目①出口から徒歩3分)
       公共交通機関をご利用下さい。駐車場はほとんど使えないようです。
参加費: 2500円(にじの会会員2000円)
講 師: 小林直生
        札幌出身。日大芸術学部文学科卒業。ドイツに留学。
        キリスト者共同体自由大学終了。
        キリスト者共同体司祭としてドイツ各地で赴任。
        2000年、日本にキリスト者共同体を設立。

託児が必要な方は7月6日までにお申し込み下さい。
(一人500円。定員に達し次第〆切ります)

藤田 T/F 0126-26-5394  T:080-7010-3974
    mail: yukatan7@yahoo.ne.jp
連絡が付かない場合は
曽根崎 T:090-7657-9100  mail: naonyan25111cats@ezweb.ne.jp
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nijinokai11.blog100.fc2.com/tb.php/120-2b66ba08